口臭の原因と臭いを消すために効果的な方法

どうしても口臭が気になってしまうという女性の方は少なくないでしょう。人と話している時に口臭がしていないか気になってしまうことはよくあることですし、実際に口臭があると相手に不快な思いをさせてしまいます。

 

では、口臭を消すためにはどのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。まず食後の歯磨きは必ずするようにしましょう。その上で、口臭予防の効果がある薬用のマウスウォッシュを定期的に使用すると嫌な臭いを消すことが可能です。

 

口臭の原因としてまず考えられるのがニンニクなどの臭いが強い食べ物ですが、コーヒーも臭いの原因となってしまいます。日頃から多くのコーヒーを飲むという方は定期的にマウスウォッシュをしたり、口臭を防いでくれるガムなどを噛むように心掛けると良いでしょう。

 

また、歯医者にも定期的に通うことをお勧めします。なぜかというと、虫歯や歯周病などが口臭の原因となることがあるからです。特に歯周病になると口臭がきつくなってしまうので日頃から予防をしておくだけでなく、早めの治療をすることも重要なのです。

 

その他の口臭を消す方法として効果的なものが鼻呼吸です。なぜ鼻呼吸が口の臭いに効果的なのかというと、口呼吸だと口内が乾燥してしまうからです。そうなると口臭が強くなってしまうので、口呼吸ではなく鼻呼吸をすることを日頃から意識しておくことが大切です。

 

以上のような口臭を消すために効果的な方法を日常的に行うようにしておけば、口の臭いによる悩みも解決されるでしょう。

かっさで便秘解消も美肌も一緒に手に入れよう

私は幼いころから便秘に悩まされていました。

小学校高学年になるころにはもう一週間に1度出ればいい方で、けれど誰にも相談できずに、毎回必死になって出していました。

 

便秘になった理由は、学校ですることが恥ずかしく、したい時に出すということができないことだったと思います。小学校5年生の時には一度出ない日が続き、自力で出せなくなり、かんちょうをしたこともありました。

 

それから私は母親に勧められ、便秘にきくいろいろな食べ物や飲み物を試してきました。牛乳やヨーグルト、キャベツやゴボウなど食物繊維の多い野菜などをたくさん摂るようにしましたがなかなか改善しませんでした。

 

一度TV番組で便秘薬を習慣的に飲むと体に悪い影響があるわけではないが腸が真っ黒になるということを知って、薬には頼りたくないという思いからますます対処法が絞られてしまいました。

 

しかし、その頃私は自分の新陳代謝が悪いということも気になっていて、新陳代謝を良くしたいと行きついたのが、かっさでした。

 

かっさというのは中国で昔から親しまれている、さまざまな症状を血流やリンパを流しよくする方法です。

自宅で手軽にできるマッサージということから、私にもできそうだなあと思い始めました。

 

滑りをよくするためオイルをぬり全身をくまなくかっさで流します。すぐに体がぽかぽかとあたたかくなります。

 

かっさの注意点として水分補給をするということも重要なポイントでしたので就寝する前には必ず常温の水をコップ一杯飲むようになりました。

新陳代謝がよくなればいいなと思い始めたかっさでしたが、うれしいことにお通じにも効果があり、頻繁にお通じがあり、格段に出やすい便になりました。

 

お通じがあるようになってからは肌荒れも随分よくなりましたし、かっさと巡り合えて色々なことが解決しました。ぜひ一度かっさをお試しください。

眠るという行為を軽いものにすること

夜なかなか眠れない、眠りが浅いということを何年も抱えている人は、眠りに対して重く考えてしまいがちです。

睡眠の不足による悪影響を、重ねた年月の数だけ嫌というほど体験しすぎて、眠らなければ困るという思いが大きくなりすぎ、眠りが苦痛をもたらす行為になっているのです。

 

眠りは本来リラックスした気持ちで臨むものですから、無意識にでも緊張してしまうのはよくありません。

常に神経をとがらせている状態になり、自ら体に眠るなと指令を行っているのと、同じことになっています。

 

とにかく眠りについて軽く考えましょう。

眠らなくても大丈夫、起きていられるならむしろお得、好きなことをして長い夜を楽しもう」と前向きにとらえてみてください。

 

パソコン画面を見たりゲームをしたり、テレビを見たりなどという行為は、光によって本格的に覚醒を促してしまうので、できれば避ける方向で。

ゆっくりと好きな音楽に耳を澄ませたり、本を読んでみたり。お風呂に入ってみたり、温かいものを飲んでみたり。

布団の上やこたつの中、自分が好きな環境の中で、のんびりと過ごすのがおすすめです。

 

眠くなってきたなと思ったら、ベッドや布団に移動するのが一番ですが、それで意識がまた強い眠りへの執着に向かうのはよくありません。

それよりは風邪をひかないようにということだけ気を付けながら、居心地のいい場所で眠ってしまう方がいいです。

 

人間にとって眠りは意識せずとも行えるもの。

無理に体勢を整える必要はありませんよ。

寝つきが悪い私がすぐに眠れるようになった3つの方法

昔から寝つきが悪くて・・・。
布団の中に入っては、1時間以上「ああでもない、こうでもない」と考え事をして起きている状態が続いていました。

なにも考えなければいいのに、考えてしまうんですよね。

 

そんな寝つきの悪い私が、最近よく眠れるようになったんです。
目を閉じれば、秒殺とも言えるくらい。

そんな私の、『眠る方法』について書いてみようと思います。

 

まずひとつめに、スマホや携帯を触れる位置より遠くに置きましょう。

手元にあるとついつい気になって見てしまうので・・。
遠くに置くことをおすすめします。

 

また、寝る直前はパソコン(ネット)やスマホはいじらないほうが吉です。
いじってしまうとどうしても目が冴えてしまうので。

 

次に、快眠アイテム。

めぐりズムの蒸気でGood-Nightというものがおすすめです。

首元を温めると、なぜか眠気がすごくくるんです。

肩こりが気になる、という方にもすごくおすすめです。

肩が軽くなって、即眠れること間違いなし!です。

 

最後に、これはできるようになるまではなかなか難しいことなのですが、「目を閉じたらなにも考えない」、こと。
これ、大事です。

 

頭のてっぺん辺りと目の近辺に意識を集中して、ひたすら目を閉じる。
最初は意識的にやればいいんです。
意識的にでもそうしていれば、いつの間にか夢の中・・・という状態になるはず、です。

 

眠りにつく時間が早くなれば、その分睡眠時間は増えます。

すばやく眠って体の疲れを癒す、そうすれば次の日の朝、元気に起きることができるので。

 

私の方法がどれくらい効果があるかはわかりませんが・・・一度お試しください。

心地よい眠りを誘うスマホの睡眠アプリ

私も以前は寝つきが悪く中々眠れず翌日まで疲れが残る事が良くありました。
そんな時に海辺に面した旅館に泊まったのですが、そこではぐっすり寝る事ができました。
普段は外泊先でも寝つきが悪いのに何故だろう?と考えてみた所、波の音を聞きながら寝たのが快眠を促したという理由に行きつきました。

 

波の音、水の音など不規則に流れる音は心地よい眠りを誘ってくれるという効果があるようです。
他にもイライラを解消するリラックス効果もあるようです。
その為水の音を聞きながら眠りに着くとリラックスする事ができ、精神を安定させて寝つきが良くなるという訳です。

 

最近ではスマホで聴ける便利な「睡眠アプリ」があります。
様々なアプリがありますが、大抵の者には波の音や小川のせせらぎなど水に関する音が収録されています。

 

私もこういったアプリを取り入れて、寝る前にセットしてからお布団に入っています。
時間を設定しておくとちゃんと止まるので、大体これくらいで眠れそうだと言う時間にタイマーを設定しておくと眠りに着くまで音が流れ続けます。
寝入ってしまったら音は消えても問題ありません。

 

電子音ではありますがリアルな音なので本当に水のそばにいるような錯覚をします。
ぼんやり聞いているとだんだんとリラックスしていき、気づけばぐっすり眠っていて朝になっていたと言う事も。
音量も調節できるので枕元に置いておいてもうるさくなく、まるで窓の外から聞こえてくるかのようです。

 

寝つきが悪いと言う方にはお勧めのアプリなので、ぜひ試してみてください。

睡眠導入剤と不眠解消サプリメントはどっちが良いの?

不眠症状に睡眠導入剤や不眠解消サプリメント

 

不眠症状の対処法はそれぞれの人によっても違いますし、不眠症状の具合によって全く違ってきます。

同じ不眠症状であっても軽い場合の時とかなりひどい症状である場合など対処法も変わってきます。

 

あまりに不眠症状がひどい場合や不眠症状が日常生活に支障を与えているなどの場合には医療機関を受診すれば、いわゆる睡眠薬や精神安定剤などが処方されますが、副作用やなかなか薬から離れられなくなってしまうなどの心配もないではありません。

 

睡眠導入剤と不眠解消サプリメントはどっちが良い?

 

不眠症対策で運動や音楽を聴いたり、その他の方法を試してみても大きな改善がみられないというときには、市販されている睡眠導入剤や不眠解消サプリメントを利用する方法があります。

 

睡眠導入剤

 

市販されているような「睡眠導入剤」は医師から処方されるような睡眠薬などよりも効き目が短時間しか作用しないですし、効き目もマイルドでありますし、副作用もほとんどないようになっています。

ただし、やはり一度使ってしまうとなかなか止められないという人も多いです。

 

不眠解消サプリメント

 

一方、「不眠解消サプリメント」は自然に睡眠にはいれるように促すようにするもので睡眠導入剤よりももっと効果はマイルドになっていますし、副作用はほとんどないといえます。

即効性は劣るかも知れませんが、精神面で安心感が得られるメリットがあります。

 

寝る前の10分間の竹踏みが効果的

適度な疲れと足を温めることが効果がある

 

夜眠れないと辛いですね。少しでも参考になれば幸いです。

一般的には、ラベンダーの香りを嗅ぐと安眠できるとか、玉ねぎを切って枕元に置くと眠れると言いますね。
ラベンダーのアロマを焚いたり、実際枕の上に置けるように、袋にラベンダーが詰まった物も売っています。
玉ねぎは一時私の父が毎晩母に頼んで、枕元に置いていました。まずまずの効果があったようです。

 

他に、やはり日中ある程度疲れると眠れます。

「ある程度」と言うのは、クタクタになる程疲れると、身体だけぐったりして脳が却って冴えて、眠れないということになってしまうことがあるからです。

ウォーキングを1時間位してみたり、ヨガやストレッチをするのもお勧めです。
学生でもOLでも、平日の昼間は無理ですが、外で日の光を浴びながら過ごすだけで結構疲れるので、安眠に繋がるようです。

眠れないと考えすぎず、身体も頭もリラックスさせて散歩していると、気持ちが落ち着いてきます。

 

また、寝つきの悪い姉がしていたのが、寝る前の「竹踏み」10分でした。

これをすると足が温まるのですぐ眠れると言っていました。

勿論、足だけで無く全身が温まりますし、足の裏にはご存じのように全身のツボがありますから、健康にもなれます。
でも、何より『足が温まること』が眠りを誘うと言っていました。

 

不眠症になった友人は「また眠れない」となるべく考えず、「人間眠くなればそのうち寝るだろう」と思っていたら、段々症状が改善されていったそうです。
あなたも毎晩のことで辛いと思いますが、なるべく「まだ眠れない」と考えず、楽しいことを思い浮かべていると、リラックス出来て眠りにつくまでも苦痛が減ります。

 

少しでも良くなられるよう祈っています。

夜眠れない人に実践してほしい眠れる3つの方法

ilm19_cb01043-s夜、なかなか眠れない・・」と悩んでいる貴女へ

夜眠れないと朝や日中にぼーっとしてしまって辛いですよね。

そこで夜眠れない人に実践してほしい眠れる3つの方法を紹介したいと思います。

 

寝る前にテレビ・PC・携帯電話を使わない

 

まず一つ目に実践してほしいのが眠る寸前までテレビやパソコン、携帯電話を使わないことです。

テレビやパソコン、携帯電話を利用するとそこからでる光を浴びることになります。

人間の体というのはテレビやパソコン、携帯の光であっても日光を浴びているときのように起きているものだと勘違いしてしまうんです。

交感神経が刺激されてなかなか寝付けないということが起こるのです。

最低、眠る1時間くらい前までにはこれらの光を浴びないようにすることが大切です。

 

寝る直前に食事をしない

 

二つ目は眠る直前に食事をしないことです。

眠る直前に食事をすると胃腸がまだ活発に動いているためになかなか眠ることができません。

食後に間食をしてしまうという場合も眠れない原因になります。

胃腸の活動も抑えるために眠る3時間前には食事を済ませておくのが大切です。

 

寝る前に入浴をしない

 

三つ目は、眠る前に入浴をしないことです。

人間が睡眠に入るときは体の体温が下がっていきます。

ところが入浴して体温が上昇したまま眠ろうとすると体温が高いままなのでなかなか眠れないということが起こるのです。

眠る1時間くらい前までには入浴は済ませておきましょう。

 

眠れないという人はこれらの生活習慣をまず見直してみてください。

不眠症の解消に効果がある成分は何か?

一時的な不眠症や、慢性的な不眠症など、不眠症にも種類がありますが、多くの方が睡眠ついて何かしらの不満や悩みを抱えています。

 

眠れない時期や、満足できる睡眠ができない日々が続くと、ストレスが溜まり精神的な病を引き起こしてしまう可能性もあります。
薬に頼る事なく不眠症を解消する為には、生活習慣や食べ物を見直す事が大切です。

 

不眠を解消する為に、生活する上で気をつけたい事は沢山あります。
夕方以降はカフェイン取らない、寝る前の過剰な飲酒を避ける、1時間以上の昼寝をしない、日中に適度な運動をする、副交感神経を高める為にぬるま湯につかるなどがあります。

 

しかし、睡眠の質を良くする為には、食べ物も大きく関係しています。
夜なかなか寝付く事ができないのは、「セロトニン」という成分が不足するからです。

 

セロトニンは、他の神経をコントロールして心を安定させてくれる働きがあります。
ですから、不眠症を解消してくれるばかりでなく、うつ病になる可能性を下げてくれる効果もあります。

 

セロトニンを増やしてくれる成分として大切なのが、「トリプトファン」です。
トリプトファンは、乳製品や大豆製品、魚類に多く含まれています。

この成分は体内で作る事ができませんから、食べ物で摂る必要があります。

 

不眠症を解消する為には、トリプトファンを多く含んでいる食品を、バランスよく摂る事が大切です。

毎日の生活を改善する事で、薬に頼る事なく不眠症の改善に繋げる事ができます。

 

トリプトファンを摂取するには何を食べればいいの?

 

夜になかなか眠れず夜中の変な時間に起きてしまい、翌日良い気分でないという方は、かなりたくさんいらっしゃいます。

この問題の原因はストレスによるものであったり、運動不足によるものであったりなど、人によって様々あります。

 

従いまして解決方法も1つだけでなく様々ありますが、1つ簡単にできる解決方法をご紹介致しますと、トリプトファンという栄養を積極的に摂取する事です。

 

トリプトファンとはアミノ酸の一種で、睡眠不足の解決方法の1つとして取り上げられる事も多いので、ご存知の方も多いと思います。

ではトリプトファンとはどんな食べ物に含まれているのかという事ですが、凄く身近な食べ物に含まれています。

 

例えばその1つが「バナナ」です。

バナナは健康に良い食べ物として大変有名ですが、睡眠不足解消にも効果的なのです。

またバナナは消化も良いので、夜であっても胃がもたれたりするような事は、ほとんどないと思います。

 

その他には乳製品にも含まれます。

チーズ」や「牛乳」などは非常に摂取しやすいと思います。
しかし乳製品はお腹がゴロゴロしてしまったり、苦手な方もいらっしゃいます。

またバナナも臭いが苦手という方も、結構いらっしゃいます。

 

そんな方にオススメなのが「ハチミツ」です。

ハチミツも健康効果が非常に高い食べ物として有名です。

ハチミツは食べるというよりもスッと飲み込む様な形なので、夜に食べ物は摂りたくないという方にも良いと思います。

アロマライトとアロマオイルでぐっすり安眠

夜眠たいのになかなか寝付けない。
辛いですよね。
明日のことを考えると早く眠らなければ、と焦れば焦るほど余計眠れなくなってしまいます。
なかなか寝付けない、不眠症の人におすすめの方法がこちらです。
『アロマライト』を使ってみてください。

 

アロマライトとは、電球の熱でアロマオイルを温めて香りをお部屋に広げるアロマグッズなんですが、とてもおすすめです。
アロマライトは柔らかな灯りがともります。
部屋は真っ暗だと、不安になり緊張して眠れなくなるのです。
アロマライトの明かりは眠気を誘うのにちょうど良い明かりです。

 

安眠効果のあるアロマはラベンダーやカモミールローマン、マジョラムがおすすめです。
ラベンダーは自律神経のバランスを整えてくれるのでリラックスできます。
カモミールローマンは欧米ではカウンセリングの治療薬としても使用されているものです。
ラベンダー同様、安眠効果の高いアロマとして知られています。
マジョラムはラベンダーの香りが苦手な方におすすめのアロマで、スパイシーで温かみのある香りです。

 

他にも安眠効果のあるアロマはいろいろあります。
上記アロマにこだわって、好みでない香りのアロマを使用しても安眠効果は逆に得られませんので、いろいろ試してみるのがおすすめです。
インターネットだと良質のアロマオイルがお手頃価格で販売されていますので、いろいろ試して安眠できる自分だけの香りを見つけてください。