電気の力で振動させて歯を磨くブラシ

電動歯ブラシの魅力は、その動きの細かさです。
基本的に歯に対して、倍ほど歯ブラシというのは大きいので、手で歯ブラシを持って磨く場合、その大きさは非常にネックになります。結果として歯ブラシで落とさなければならないはずの食べかすを、かえって広げてしまったり、本当に磨かなければならない歯の隙間や歯肉との境目をスルーしてしまったりと、様々な問題が起こります。

 

歯ブラシそのものではなく、ブラシの部分だけを振動させられる電動歯ブラシは、微細な動きで歯の表面に付いた食べかすや、歯垢を落とせるようにと作られました。手の力を使って強引にではなく、ブラシの動きだけで歯の表面を磨ける繊細さは、機械の力なくしては再現できないことです。

 

電動であっても歯ブラシの本質は変わりありませんので、電動歯ブラシ単体での歯の病気の予防効果は、それほど大きくは及びません。電気のパワーの使用に合わせて、定期的にブラシやカードリッジを交換したり、歯に合った歯磨きをを使うことで、歯の健康は保たれます。

 

電動歯ブラシはあくまでも、歯磨きをサポートする一つの道具であるということを忘れなければ、より良い形で使用していくことができるでしょう。使い方に慣れない内には、ブラシ部分の小さなものを購入し、なるべく手を動かさないようにしながら振動をしっかり活かしつつ磨いていくと、無理なく歯をきれいな状態にしていけます。

 

ブラシが直ぐに開いてしまうのは、力を入れ過ぎているサインですので、肩の力を抜きつつ歯磨きしましょう。