寝る前の10分間の竹踏みが効果的

適度な疲れと足を温めることが効果がある

 

夜眠れないと辛いですね。少しでも参考になれば幸いです。

一般的には、ラベンダーの香りを嗅ぐと安眠できるとか、玉ねぎを切って枕元に置くと眠れると言いますね。
ラベンダーのアロマを焚いたり、実際枕の上に置けるように、袋にラベンダーが詰まった物も売っています。
玉ねぎは一時私の父が毎晩母に頼んで、枕元に置いていました。まずまずの効果があったようです。

 

他に、やはり日中ある程度疲れると眠れます。

「ある程度」と言うのは、クタクタになる程疲れると、身体だけぐったりして脳が却って冴えて、眠れないということになってしまうことがあるからです。

ウォーキングを1時間位してみたり、ヨガやストレッチをするのもお勧めです。
学生でもOLでも、平日の昼間は無理ですが、外で日の光を浴びながら過ごすだけで結構疲れるので、安眠に繋がるようです。

眠れないと考えすぎず、身体も頭もリラックスさせて散歩していると、気持ちが落ち着いてきます。

 

また、寝つきの悪い姉がしていたのが、寝る前の「竹踏み」10分でした。

これをすると足が温まるのですぐ眠れると言っていました。

勿論、足だけで無く全身が温まりますし、足の裏にはご存じのように全身のツボがありますから、健康にもなれます。
でも、何より『足が温まること』が眠りを誘うと言っていました。

 

不眠症になった友人は「また眠れない」となるべく考えず、「人間眠くなればそのうち寝るだろう」と思っていたら、段々症状が改善されていったそうです。
あなたも毎晩のことで辛いと思いますが、なるべく「まだ眠れない」と考えず、楽しいことを思い浮かべていると、リラックス出来て眠りにつくまでも苦痛が減ります。

 

少しでも良くなられるよう祈っています。