心地よい眠りを誘うスマホの睡眠アプリ

私も以前は寝つきが悪く中々眠れず翌日まで疲れが残る事が良くありました。
そんな時に海辺に面した旅館に泊まったのですが、そこではぐっすり寝る事ができました。
普段は外泊先でも寝つきが悪いのに何故だろう?と考えてみた所、波の音を聞きながら寝たのが快眠を促したという理由に行きつきました。

 

波の音、水の音など不規則に流れる音は心地よい眠りを誘ってくれるという効果があるようです。
他にもイライラを解消するリラックス効果もあるようです。
その為水の音を聞きながら眠りに着くとリラックスする事ができ、精神を安定させて寝つきが良くなるという訳です。

 

最近ではスマホで聴ける便利な「睡眠アプリ」があります。
様々なアプリがありますが、大抵の者には波の音や小川のせせらぎなど水に関する音が収録されています。

 

私もこういったアプリを取り入れて、寝る前にセットしてからお布団に入っています。
時間を設定しておくとちゃんと止まるので、大体これくらいで眠れそうだと言う時間にタイマーを設定しておくと眠りに着くまで音が流れ続けます。
寝入ってしまったら音は消えても問題ありません。

 

電子音ではありますがリアルな音なので本当に水のそばにいるような錯覚をします。
ぼんやり聞いているとだんだんとリラックスしていき、気づけばぐっすり眠っていて朝になっていたと言う事も。
音量も調節できるので枕元に置いておいてもうるさくなく、まるで窓の外から聞こえてくるかのようです。

 

寝つきが悪いと言う方にはお勧めのアプリなので、ぜひ試してみてください。

アロマライトとアロマオイルでぐっすり安眠

夜眠たいのになかなか寝付けない。
辛いですよね。
明日のことを考えると早く眠らなければ、と焦れば焦るほど余計眠れなくなってしまいます。
なかなか寝付けない、不眠症の人におすすめの方法がこちらです。
『アロマライト』を使ってみてください。

 

アロマライトとは、電球の熱でアロマオイルを温めて香りをお部屋に広げるアロマグッズなんですが、とてもおすすめです。
アロマライトは柔らかな灯りがともります。
部屋は真っ暗だと、不安になり緊張して眠れなくなるのです。
アロマライトの明かりは眠気を誘うのにちょうど良い明かりです。

 

安眠効果のあるアロマはラベンダーやカモミールローマン、マジョラムがおすすめです。
ラベンダーは自律神経のバランスを整えてくれるのでリラックスできます。
カモミールローマンは欧米ではカウンセリングの治療薬としても使用されているものです。
ラベンダー同様、安眠効果の高いアロマとして知られています。
マジョラムはラベンダーの香りが苦手な方におすすめのアロマで、スパイシーで温かみのある香りです。

 

他にも安眠効果のあるアロマはいろいろあります。
上記アロマにこだわって、好みでない香りのアロマを使用しても安眠効果は逆に得られませんので、いろいろ試してみるのがおすすめです。
インターネットだと良質のアロマオイルがお手頃価格で販売されていますので、いろいろ試して安眠できる自分だけの香りを見つけてください。

寝る前にソリティアしていると、いつの間にか爆睡できます

私は長年宵っ張りの生活をしてきたせいか、寝つきが悪く、いつも睡眠不足です。

そのため、いろいろと快眠グッズを使ってみたり、寝つきをよくする方法を取り入れて試してみました。

 

また、一番は生活リズム、生活習慣を変えて、朝型にして、早寝早起きのリズムを変えることが一番なのでしょうが、仕事の関係もあり、それは極めて難しいのが現状です。

自分でもこのままでは、いずれ体に負担がかかりすぎて、大病を患ってしまうとあせってしまいました。

 

でもあせればあせるほど、何気なく寝ていた行為を、寝るという意識を強くしてしまうと、その心理的プレッシャーが大きくなり、ますます寝つきがわるくなってしまいました。
それで、眠れないときは、もう割り切って、携帯やスマホやタブレットを持ち込んで、布団に入っていました。

 

一般にこうした電子機器は、非常に眩しく、また、さまざまな情報が目を介して脳神経を刺激してしまい、余計に眠れなくなってしまうとされています。

確かにネットにつなげて、ニュースなどを読んでいると、より目覚めてしまいます。

 

私は、スマホが普及する20年以上前から、PDAと呼ばれる電子メモ帳を使っていました。

その中にウィンドウズでおなじみのソリティアというトランプゲームが入っていました。

幼い子どもに添い寝しながらソリティアをしているといつの間にか、入眠していることがたびたびありました。
PDAは壊れてしまったので、携帯やスマホやタブレットでソリティアをしてみればどうだろうと考え、試してみました。

 

まずタブレットは重くて大きくて、眩しくて苦行のようになり、無理でした。

スマホは両手を使って動かさないといけなく、入眠までには、至りませんでした。

 

最後に使っていないガラケーにソリティアアプリを入れて、片手で操作しながら、ふとんに入ると、不思議なことに簡単に入眠できました。

画面が小さく、明るさも絞り込むことができるので、目にやさしいところがポイントでした。

 

また、片手で動かすには、かなりの工夫が入り、頭を使います。

さらにソリティアというゲームは、戦略を立てないとなかなかクリアできません。

こういったところが、入眠を誘ってくれるものと思います。

 

私はこのことに気づきてから、眠れないということは皆無となりました。

この効果には本当に驚いています。

眠りに誘う香り「幸せアロマオイル」を置いてみる

眠れない状態というのは、当然何らかの原因があると思います。

たまには環境を変えてみるのもいいと思いますが、それによってさらに眠りづらい状態となってしまうのはよくありません。

とりあえず簡単にできる方法として、アロマオイルを利用して香りを出してみるという方法があります。

 

これなら特に変える必要はありませんし、眠りへといざなうような香りが身体に入ると、ゆっくりと睡眠に持っていけるような感じも出てきます。
当然それにあったものを購入しなければなりませんが、意外と安い値段で購入することができます。

 

しかも数日程度は持たせることが出来るので、頻繁に購入して利用するといったこともありません。

購入すれば暫くは安心して眠れるようになりますし、嫌な臭いではないので、心を落ち着けることが出来るようになります。

おそらく興奮している状態が続いたり、明らかにイライラするような感じが出ていると思います。

落ち着けることによって、確実な眠りへ持っていけるのはいいことです。

 

安い費用で安心した眠りを手に入れることが出来れば、割と睡眠の質も良くなってくるでしょう。

アロマオイルは一番手軽にできる方法でもありますし、どのような環境でも利用できるという良さがあります。

暖かい時にも寒い時にも、これさえあれば眠りを手に入れることが出来るというのはいいことであり、非常に使いやすいという利点もあるでしょう。

通販で高い効果を持っている物を購入するのがお薦めです。

不眠には漢方薬「加味逍遙散」「加味帰脾湯」が効く

私も小さい頃から寝付きが悪く、また眠りも浅くて、とても苦労しています。

とくに出産後にさらに酷くなった傾向がありますね。

 

まあ、横に子どもたちが寝ていますので、緊張感もあって(寝相が悪くて布団を蹴飛ばしていたら、布団をかけてあげなくてはいけない/風邪をひいているときは、吐き気がないか鼻はちゃんと通っているか…などが気になってしまって)眠ることができないでします。

 

しかし今は、育児休暇も終わって、社会に出て働いている身なので、しっかりと睡眠をとらないことにははじまりません。

ですからこそのとった対策と言えば、漢方薬ですね。

実は、私がお世話になっている産婦人科医院にて処方してもらっています。

 

産婦人科医院にて助産婦さんに、子どもの頃からの不眠などを雑談程度に相談したところ、「じゃあ、漢方薬はどうでしょうか」と、すすめられました。

そして、産婦人科医の先生にしっかりと話を聞いてもらい診察をしてもらって、そして漢方薬を処方してもらっています。

 

ちなみに漢方薬の種類は、「加味逍遙散」と「加味帰脾湯」です。

不眠だけではなくて、情緒を整える役目もあるようで、生理前の子どもにイライラしそうになる気分も漢方薬を飲み始めてからは抑えられてきたような気がしています。

 

漢方薬は確かに苦ーいのですけれど、私は漢方薬を飲んだ後に温かいお茶を飲むなどして、お口直しをしています。

胃袋をお茶で温めていることもあってか、身体の調子も良くなり、落ち着いて眠りにつけるようになりましたね。